ヒゲを生やしている理由は人それぞれだと思うけど、

b0314286_13522907.jpg

僕の場合はコレ。

毎日必ず帰宅できるという訳ではなかった
CM制作会社時代の名残。

僕はヒゲが濃い。
直ぐ伸びる。

全部剃っても放っておけば、
2週間も立たずに顔面を半周する。

なので、わざと顎ヒゲを生やすことで、
多少伸びても相対的にカモフラージュしてるつもり。
木を隠すなら森の中的な

あと、ちょっとだけ痩せて見える。
映画好きの
映画好きによる
映画好きのための
LINEスタンプ作りました






この夏、
映画好き達のSNSを賑わしている
超絶話題のインディーズ映画

カメラを
 止めるな!

やっと見れました。

逆にこのブログか
僕のツイートでこの作品を初めて知ったという方、

ラッキーです。


普段はまず予告を見ていただくとこですが、
(というか、予告も見ないでほしい!)
最低限知っといて欲しいのはこのくらい

b0314286_17561910.jpg


3コマ目以降は
四コマ映画さんで


すごかったです。

愛です。

映画愛です。

映画愛
大爆発
ムービーでした。

新人監督の脚本・演出・編集で、
出てる役者は知らない人ばっか、
なのに映画館満席、そして

大爆笑

エンドロールが流れ終わった頃には拍手が!
僕映画館で拍手聞いたの初めてです。

これはもはや
事件なのでは
ないでしょうか。

ゾンビ映画?怖そうなの興味ないって方、
大丈夫です。そういうんじゃないです。
伏線回収系が好きな人にはたまんない映画です。

後ろに座ってたカップルの
兄ちゃんが言ってました。
「俺、久しぶりに映画館で爆笑した」って

映画愛といえば、前回
ブリグズビー・ベアを紹介しましたが
あの作品好きな人だったら絶対ハマります。

上映館がとにかく少なく
上映期間も限られてるので
見られる人は限られるかも…

と、思ったら余りの人気に全国40館以上で
拡大上映されることが決定したようです。

マンガ原作じゃなくても、
ドラマの続きじゃなくても、
人気の若手俳優が出てなくても、

面白い脚本と演出次第で映画館を
お客と笑いと感動と拍手で
一杯にできると証明したんです。

間違いなく
日本映画界における
金字塔となりうる映画です。
是非、お見逃しなく!

この夏、
カメ止めが
熱い!

そして、
この映画を作った皆さんに
ちゃんとお金が行き渡ってほしい!




映画好きの
映画好きによる
映画好きのための
LINEスタンプ作りました













あしたのジョー連載開始50年記念として
制作されたオリジナルアニメ

メガロボクス


先日、全13話の放送が終了しブルーレイBOXが
7/27(金)発売ということで、
バンダイナムコアーツさんから
映像レーベル情報サイト『ビーストレージ』に
告知イラストを描くお仕事をいただきました。

一枚絵のイラストは僕より全然上手い方々が
SNSにたくさんUPされてらっしゃるので、

以前作ったペーパーデップー
の要領で
こんなの作ってみました。

b0314286_17133672.jpg
とんとん相撲ならぬ、
とんとんメガロボクスです。
(『ビーストレージ』さんで無理DLできます。)

こいつをちょっと厚めの紙に出力して、
(家庭用プリンターだと
 フォトマット紙なんかがオススメです。)
切り抜いて、空き箱の上に乗っければ
はい!友達、ファン、親子で楽しめる
とんとんメガロボクスの完成!

b0314286_17172703.jpg

写真とか動画とか撮って
#メガロボクス (#megalobox)とか
#とんとんメガロボクス とか
ハッシュタグつけてSNSにUP!

「立つな!立つんじゃねぇ!!」とか
「前に5、後ろに5だ!」とか言いながら
トントンやって遊んでください。
クリンチしたら離してやってください。
ダウンしたら
「終われねぇよなぁ。こんな所じゃよ!」
とか言いながら立たせてください。

もちろん、遊ぶだけでなく
店頭用の簡単な販促用ディスプレイにもなりますし、
出力するサイズ次第で
しおりや、
b0314286_16515188.jpg



メッセージカード
(もしくはメモ)としても使えます。
b0314286_16515256.jpg

 『ビーストレージ』さんでDLできます。






ちなみにメガロボクスは
NETFLIX
でも配信中です。
b0314286_16231960.jpg
映画好きの
映画好きによる
映画好きのための
LINEスタンプ作りました



b0314286_18480579.jpg







金曜ロードショー
『アントマン』
地上波初放送決定!
やった!
うれしい!
みたい映画アンケートに
リクエストしてよかった!

というわけで、

この夏の週末地上波映画の
をめちゃくちゃ雑ですが、
カレンダーにしました。

b0314286_00441321.jpg

なんかこう、
ちびっこの皆んな!
アニメもいいけど名作実写映画も食べてね!
美味しいよ!って感じのラインナップですね。
最高です。

映画好きの
映画好きによる
映画好きのための
LINEスタンプ作りました



b0314286_18480579.jpg



『ジュラシック・ワールド』の続編、
『ジュラシック・ワールド
       炎の王国』



いやーメチャクチャ面白かった!
旧シリーズ2作目の『ロストワールド』が
イマイチ映画だったんで、
新シリーズ2作目はどうかと思ったら、
前作『ジュラシック・ワールド』を上回る面白さ!

いや、むしろ秘書の扱いが酷かったり、
大惨事になる理由がアホすぎたりで
モヤモヤするとこ多かった前作より好き!

1作目とロストワールドへの
オマージュいっぱい!
メッセージ性(外来種問題的な)も濃厚で
ただの恐竜パニック映画じゃないよコレ!

ただ、
一言言いたい。

炎の王国
って邦題
どうなのよ!!

これマジこの邦題だと
全然作品のオチが伝わんないでしょ!

原題は
『Jurassic World:
 Fallen Kingdom』

直訳すれば、
「堕ちた王国」とか「王国の崩壊」
とかそんな意味で…(↓下につづく)

b0314286_20001189.jpg
b0314286_20001166.jpg



↓【注意】この先ネタバレあります。
     














てっきり、それは
火山で崩壊する恐竜王国ヌブラル島
コトだとばかり思って見に行ったんだけど、
ラストのマルコム博士の

「ようこそ、ジュラシックワールドへ」って

決め台詞で、崩壊する王国とは
(恐竜島もだけど、多分そこはダブルミーニング)
人間が頂点に君臨していたこの世界
「人間の王国」のコトだとわかる。
そして、ジュラシックワールドってタイトルは
旧シリーズのジュラシックパークより大きな公園
作りましたよって意味ではなくこの文字通り、
この世界全体という意味だとわかる。

つまり、この映画は『GRAVITY』同様
(この映画も邦題がゼログラビティになっててこれもまたオチが伝わらない)
全体のテーマをタイトルで落とす系の作品だったのだ。

だから、「炎の王国」だと思って見に行くと、
炎は前半の火山爆発シーンくらいでタイトル負けするし、
最後のオチの意味は伝わらないしでもう散々。

作品の評価にいちぢるしく影響してる。
何でこの邦題にしちゃったの!

それにしてもロストワールド(旧三部作の2作目)で
嘘つき呼ばわりされてたマルコム博士が
新三部作の2作目にあたる炎の王国で

「ようこそ、
 ジュラシックワールドへ」

って言うの、

「あんたらもようやくこちら側の領域に来たな」

って感じがして凄いスカッとした。

おそらく、
このシリーズに何を求めてるかで
評価がパックリ別れる映画です。

前作のような恐竜同士の大乱闘映画の
ワクワク感を求めてる人には
あんましピンと来ないかもしれませんが、

一作目のキッチンのラプトルシーンのような
観てるこっちまでラプトルに食われるんじゃないかと
ドキドキして観ていたあの感じが好きな人と、
外来種問題とか、人間の傲慢さとかのメッセージ性を
求めてる人にはハマる映画だと思います。

3作目では是非ともマルコム博士の他に
グラント博士やサラなど旧シリーズに登場してた
人たちもチョイ役でチラッと出ていただくと、
テンションぶち上がりするので
脚本のコリン・トレボロウそこんとこヨロシク!



映画好きの
映画好きによる
映画好きのための
LINEスタンプ作りました



b0314286_18480579.jpg