『おはなしサイエンス 危険生物 ひょうたん池の怪魚?』

イラスト図鑑ばっかやってるので、
いつか、装画や、挿絵も描きたいと
思っていましたが、この度、
講談社の

おはなしサイエンス
危険生物
ひょうたん池の怪魚?

という本で、装画と挿絵を担当しました。


『おはなしサイエンス 危険生物 ひょうたん池の怪魚?』_b0314286_22271371.jpg
『おはなしサイエンス 危険生物 ひょうたん池の怪魚?』_b0314286_22131545.jpg
『おはなしサイエンス 危険生物 ひょうたん池の怪魚?』_b0314286_22131737.jpg
『おはなしサイエンス 危険生物 ひょうたん池の怪魚?』_b0314286_22234710.jpg

ただ生きているだけの生き物たちを
「危険」にしているのは誰なのか。
生態系の仕組みや、種の固有性についてなどを、
物語とコラムを通じて学べる一冊です。



シリーズの他の本が、
爽やかな雰囲気の本が多かったので、
怪魚という怪しい響きに合わせて、
あえて、青空ではなく、
夕暮れの空にしてみました。
二人の女の子は、うちの長女と次女を
モデルにしています。
一つの絵をここまで描き込むことは
そんなにないので、非常に楽しかったです。

子供向けだけでなく、
大人向けの小説の装画のお仕事も
お待ちしております。

br>