娯楽しかない怪物映画!『ランペイジ 巨獣大乱闘』

先日『レディ・プレイヤー1』の試写会に
呼んでいただいたのがキッカケで

今回も試写会で一足お先にIMAX3Dで
見させていただきました。

ランペイジ
巨獣大乱闘



いやね、正直ね、ナメてたんですよ。
どうなのこれと、
面白いのこれと、
なんか白いキングコングみたいの出てるし
すごいパチモン感あるじゃないのと、

そしたらですね。

面白かったん
ですねコレがw

ナメてた怪獣映画が、
最高のドウェイン・ジョンソン映画でした。


予告見たらわかると思いますが
テーマとか
メッセージ性とか

そういうの皆無です。

ゼロです。

暴れまくる
巨獣と、

黒光りする
ドウェイン・
ジョンソンと、

娯楽しか
ありません。

なーんも考えなくて良いです。
見終わった後何も残りませんw。
ポップコーンムービーのお手本のような映画です。
むしろそれがこの映画の良いところなんじゃないかと

b0314286_00410871.jpg

3コマ目以降は
四コマ映画さんで
小・中学生の男子とか
大好きなんじゃないでしょうか。
金曜ロードショーとかで放送したら
『バトルシップ』とか『コマンドー』的な
人気が出るような気がします。
息子がいたら(ウチは2人とも娘)
絶対連れて見に行きます。

あと、結構ちゃんとしてたんです。
僕見る前すごいナメてたんですけど、
巨獣になった原因とか
大都市で暴れることになった理由とか、
案外ちゃんとしてたんです。正直、
設定的にはレジェゴジとかより
納得できたんです。


まぁ、それも
ドウェイン・ジョンソンの存在によるもの
だと思うんですね。

どんな無茶もドウェイン・ジョンソンだから
ってことで何故か納得してしまうんですよね。

こんな、ムキムキでテカテカの
霊長類学者がいるかい!
え?元特殊部隊なの?!
じゃあ、しょうがない
ドウェイン・ジョンソン
だからな!


撃たれても死なない?!
そりゃそうだよな!

ドウェイン・ジョンソン
だからな!

ってな感じです。

完全に巨獣vsドウェイン・ジョンソン映画です。
むしろこの人も巨獣化して欲しかった。

『キングコング 髑髏島の巨神』

のサミュエル・L・ジャクソンもそうでしたけど、
逃げるばっかじゃなく
怪獣とガチンコやる人間ってのがいると
やっぱグッときますね。

(しかも、今回はガチンコプラス
 お猿のジョージとの共闘!)

レジェゴジとかでは
そんなに描かれてなかったけど、
「あ、今たぶん5、6人死んだ。」
ってわかるカットがあったのも
好感度大でした。

あと、なぜ怪獣大乱闘ではなく
巨獣大乱闘なのか…
その理由は映画を見てるとだんだん
わかってきます。

というわけで
ドウェイン・ジョンソンが
巨獣相手に文字どおり
RAMPAGE(大暴れ)する怪物映画

ランペイジ 巨獣大乱闘



は、本日5/18(金)から公開です。



b0314286_23480982.jpg
b0314286_15283326.jpg

b0314286_13142610.jpg


↑ウラケン自作
LINEスタンプ 各種
なんやかんや売れてます。