<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初日の初回に見に行きました。

『スター・ウォーズ/
 最後のジェダイ』。

ボロカスに叩いている人もいれば、
絶賛している人もいるこの映画。



そうきたか!!と思うところもあれば
何じゃそりゃ!!と思うところも満載。

b0314286_10301557.jpg
鼻血の理由は
四コマ映画さんで↓
↓【注】以下、ネタバレ有りです。



J・J・エイブラムス監督の前作『フォースの覚醒』が、
SW有名シーンのパッチワーク的映画だったので、
今作のライアン・ジョンソン監督が、そのバトンを
どう次へつなぐかが見所だったと思うのですが、
ライアン・ジョンソン監督、やってくれちゃいました。



バトン、
見事に放り投げました。



ていうか、



バトン、
ブチ折りました。




レイに渡されたライトセーバーを放り投げるルーク、
これです。これに象徴されてます。
この行為が是が非かはまた置いといて、
僕的にはですね。前回のお題はちゃんと
消化して欲しかったんですよ。
えぇ、そうです。最高指導者です。



スノークって
結局誰だった
んだよ!!



2年引っ張った末に
殺してんじゃねーよ!いや、
殺してもいいから正体解明後に
して欲しかった!んもぅ!何だよ!!

でも、そこらへんの
共闘ライトセーバーチャンバラ
かっちょ良くて好きでした。
鎖鎌みたいのも出てきたし。

あと、もう一つ言いたいのが整備士のローズ。
日本中のクラスに1人はいる気がするあの女子。
そりゃ普通の人代表って立ち位置のキャラで
キャスティングされてるのかもしれないけど、
それにしちゃお姉ちゃんが美人すぎる。
見終わって、こんなやつ予告に出てたっけ…?
と、ポスター眺めたら

いるっ!難しい顔して腕組みしてる!!
しかも割とセンターよりにいる!!
いやぁしかし、この人だいぶ叩かれてるらしいですね。
アジア人だから叩かれてるんだ!っていう人も
いるみたいだけど、多分アジア人じゃなくても
叩かれてると思うんですよね…ていうか、
つり目意外のアジア人もそろそろ器用して欲しい。
ちょっと前に見に行ったKUBOのキャラも
全部つり目だったし…クリクリ二重の日本人とか
出てきて欲しい。


さて、今三部作の完結編は
またJ・J・エイブラムス監督が担当することに
なっているのですが、
彼はブチ折られたバトンをどうするのでしょうか。

折れたまま完走し
ゴールテープを切るのでしょうか。
それとも、
セロハンテープでくっ付けるのでしょうか。

乞うご期待!




b0314286_13142610.jpg
b0314286_10460497.png
↑ウラケン自作
LINEスタンプ各種
なんやかんや売れてます。




街を彩る真っ赤なポインセチアと
キラキラのイルミネーション。

季節はそう、クリスマス。

クリスマス大好き!って方も、
クリスマスなんて糞食らえ!って方も
もれなくクリスマスシーズン真っ只中。
と、言うわけで
今回のFILMAGAは見たことない人はいっぺん見て欲しい
クリスマス映画特集です。


去年は『東京ゴッドファーザーズ』を推しましたが、
今年はコチラ、『アーサー・クリスマスの大冒険』。
知ってます?知りませんよね。

サンタクロース一家の

残念な次男坊のお話です。


b0314286_20263571.jpg
3コマ目以降は
四コマ映画さんで↓

はい! 今、思ったでしょ! 


「うわぁ〜つまんなそぉ〜」って思ったでしょ! 


最初は僕もそう思いました。何より主人公の見た目が残念。

多分このキャラデザ全体的に目をもうちょっと大きくしたら

作品の人気ももっと上がったと思うんですよね…

しかし、これが予想外に面白いんです。


主人公はサンタクロース一家の次男坊、

アーサー・クリスマス。こいつがまぁダメ。

気は優しいんだけど、やることなすこと

任された仕事はヘマばかり。


のび太さながらの残念くんなのであります。




【あらすじ】

サンタクロース(父親)と

兄率いる妖精軍団による超ハイテク大作戦で、

世界中に届けられた筈だったクリスマスプレゼント。

しかし、一つだけ未配達なことが発覚!


「許容範囲のミスだ、諦めろ。」と言う兄、

「そうだね。もう寝る。」という父、


そんな2人の代わりに、

次男坊のアーサーが「そんなのダメだ!」と

時代遅れの古いソリとトナカイで

クリスマスイブの夜空に飛び立つのであります。


頑張れアーサー!

夜明けは近い!!





b0314286_13142610.jpg
b0314286_10460497.png
↑ウラケン自作
LINEスタンプ各種
なんやかんや売れてます。





先日遂に予告編が公開された

アベンジャーズ
インフィニティウォー



そして、『最後のジェダイ』公開日前夜舞い込んできた
ビッグニュース。ディズニー、21世紀FOX買収公式発表。

一気に帝国感を増してきたディズニー、
ますます勢いをましていくMCU。
アイアンマン』から始まったマーベル映画の世界、
マーベル・シネマティック・ユニバース(略称:MCU)
来年で10年。2018年はアベンジャーズイヤー!
わっしょーい!今から公開が待ちきれません。
年よ!早く!早く明けてくれ!

でもね。先日カミさんの友達に聞かれたんですよ。


「マーベル映画…?アメコミでしょ?

 私、一本も見たことない。

 何かいっぱいあるよねアレ、

 ていうかどれから見れば良いの?


無理もなし!!


10年ですもの!

小4がいろんな毛生え揃って、

成人になってしまいますもの!

ずっと追っかけてたファンは全部見てて当然でも、

見たことない人にはサッパリですよね?ていうか、

アメコミ映画だらけで分けわかめですよね?という訳で、

今回のFILMAGAは、


冬休み!

今からでも間に合う

マーベル映画ざっくり世界観MAP &

MCUイッキ見一覧表

です。


・MCU映画マッチングリスト

・MCUイッキ見一覧表 はこちら↓


MCUの舞台は大きく分けると、


・地球

・宇宙

・神々の世界


そして、これらは同じ世界観を共有しています。


※わかりやすさ重視で

 神々の世界とか書きましたが、

 神の国っぽい星って感じで

 神っていうかほとんど宇宙人です。


NYでスパイダーマンがオナラを漏らしたら、

神々の世界でソーがゲップをし、

宇宙でグルートがアクビをしているという感じです。と、

言われても僕もピンとこないので

MCUの世界観をざっくりとMAPにしてみました。


作品で言うと、

大体『スパイダーマン:ホームカミング』の後、

マイティ・ソー バトルロイヤル』の冒頭くらいまでの

イメージです。なので、

このMAPはネタバレを含んでいます。

MCUを全くクリアな状態で最初から楽しみたい方は、

鑑賞後に確認されることをオススメします。


(※この先ネタバレ有り)

      ↓

      ↓

      ↓ 

      ↓

      ↓

      ↓

      ↓

      ↓

      ↓ 

      ↓

      ↓

      ↓

b0314286_23024151.jpg
どうです? 伝わりましたか? 
ブラック・ウィドウ役で出演している
スカーレット・ヨハンソンによると、
あるシーンには登場人物が32人いるんだとか。
何だか凄すぎてもう意味がわからない!
人間得体が知れないものには、とりあえず
名前をつけると気持ちが落ち着くらしいので
47人でジイさん1人を襲撃した忠臣蔵になぞらえて
勝手にアメコミ忠臣蔵と呼ぶことにします。

いやぁーそれにしても今年の冬は一段と寒いですね!
お外に出たくありません!
こんな日はお家にこもって映画三昧。という訳で、
年末年始はご家族ご友人お誘い合わせの上、
こたつでミカンでも剥きながらMCU三昧なんて
いかがでしょうか??





b0314286_13142610.jpg

b0314286_10460497.png
↑ウラケン自作
LINEスタンプ各種
なんやかんや売れてます。