カテゴリ:エイガ (マンガ/イラスト)( 107 )

「君の名は。」で、
初めて新海誠監督作品を見た人もいるでしょう。
僕がそうです。

そしたら当然見たくなるのが、
彼の過去の作品。そして3/17(金)。
代表作「秒速5センチメートル」地上波初放送!
ドンドンパフパフー!!
(テレ朝のド深夜なので地域によって見られません。)

b0314286_16543008.jpg
「君の名は。」を見たその日に、
Netflixで鑑賞しましたが、
「君の名は。」を見る前に見るべきでした。
なんなんだよこの主人公は!!
うじうじうじうじポエム読む前に
何かやることあったんじゃないのか!!!!!
「君の名は。」の瀧くんの爪の垢煎じて飲め!!
逆に言えば、まだ「君の名は。」と見てない人は
絶対に先に見た方が良い映画です。



b0314286_17003313.jpg
b0314286_23480982.jpg
ウラケン↑自作
LINEスタンプ
なんやかんや売れてます。

今夜の土曜プレミアムは「アナと雪の女王」。




見たのは劇場で一回だけ
アナとエルサの歌はとても良かったけど、
なんか違和感として強烈に印象に残ったのが
ドワーフの長老の指導内容と
それを受けての父親の対処方法。
コレ、特殊能力者系のストーリーで
一番やっちゃいけないプランじゃない?!


b0314286_11455915.jpg

今まで無理に力を隠したせいで、
リバウンドが発生し
大惨事を招いてる特殊能力者を何度か見てるけども、
(いや、映画とかアニメの話ですが…↑)
最近はファンタビでも似たようなことが…


エルサはまさにその典型。
彼女はドワーフの長老ではなく、
プロフェッサーXの“恵まれし子らの学園”に
連れて行くべきだった。
あぁ、でもマーベルはマーベルでも
X-MENはディズニー傘下じゃなく、
20世紀FOXに権利があるから無理か…残念!

よし、じゃあまずお父さん国王なんだから、
人里離れた山奥に別荘建てちゃおう。
そんで物が凍ったりしても大丈夫なように
お外で能力ガンガン使わせよう。
周りの人達は防寒具を着込もう。

エルサの氷結能力は
感情の揺らぎに敏感みたいなので
精神修行の師として、
東洋の禅寺から坊さんを呼び寄せよう。
おてんばで短絡的すぎる思考の改善を狙い、
お姉ちゃん大好きなアナも修行に参加させよう。

加えてハンス王子をグーパン一発で
ぶっ飛ばせるというフィジカル面で
意外な才能を持つアナに、姉が万が一
暴走した際の体術的なものを仕込ませよう。

かくして十数年後、彼女達は
幼年期と思春期を無事に乗り越え、
アレンデール王国には
感情と能力のコントロールを完璧にマスターした
ジェダイみたいな姉妹が誕生するのだ!!
おぉ…それはそれで見たい!!!


ウラケンオリジナル
↓スタンプ各種
b0314286_10460497.png
↑なんやかんや売れてます。





今年もアカデミー賞授賞式が
近づいてまいりました。
去年の作品賞と脚本賞は
『スポットライト 世紀のスクープ』
微妙な日本語のサブタイトルはともかく
これすごい良かった。
めちゃくちゃ良かった。
ものすごい良かった。

そんな中、興行的にもヒットして
批評家の支持率も高かったのに、
何故かアカデミー賞に
ノミネートもしなかったこの作品をご紹介。
b0314286_21160894.jpg
b0314286_21160521.jpg


なんか気にはなるけど、
他にも見たいのあるし、
すぐ見ないでも良いかなぁと思いながら
3年経っちゃったけどすごい良かった!

戦争、紛争、対立、虐殺、
もっと身近なところで言えば
「いじめ」というヌルい言葉で
言い換えられた犯罪まで、
権利の剥奪、不公平な要求、理不尽な暴力、
世の中にはびこるあらゆる差別や偏見。
それら全ての元凶は、
相手のことを舐めてることに
あるんじゃないだろうか。
目の前にいる相手に敬意を払うことから
世界は変わるんじゃないだろうか。
逆に言えば、敬意を払わない人間が
世界を暗くしてるんじゃないだろうか。
世界中の生き物が
ハッピーに生きられる日は、
リスペクトの先にあるんじゃないだろうか。





b0314286_15283326.jpg
言いづらいことも
不思議と言えちゃう
おネエなブタちゃんの
好評発売中です。

「大統領の執事の涙」は
ネットフリックスでも視聴できます。



マーベルコミックの映画の世界、
高慢、且つ有能な男は一回落ちて
その後這い上がりヒーローとなるのが
お約束になっている世界、
そう、それが、
MCU!!
(マーベルシネマティックユニバース)

今回はお医者さんが落ちちゃった!



b0314286_00593157.jpg
四コマ版はコチラ↓


なんやかんやあって、原作ではチベットに行く筈が
ネパールに修行しに行くことになるストレンジ。
そして、チベット人のおじいちゃんだった筈が、
ケルト人女性が演じることで物議をかもした
エンシェント・ワン。原作知らないけど、というか、
原作を知らないからかそれはそれで楽しめたとして…

この修行場で修行してんの白人多くない???
悪の手先的な奴らもほぼ白人とラテン系??
ちょっと黒人も混ざってるけど、
わかりやすくアジアンなのは1人だけ。何この寺!
その他大勢にアングロサクソン系多すぎ。
エキストラ位もっとアジア系増やしても良くない?
違和感すごいのよ!例えるなら、
高野山の坊さん全員白人って位違和感あんのよ!
そら、各方面から叩かれるわ!

とまぁ、ハリウッドの人種差別問題に関しては
この辺にしておくとして、
見せ場的な山場の持って行き方が全体的に
サラサラぁ〜〜っとしてるような気もしましたが、
トータルとしてはそれなりに楽しめました。
やたらジョークを飛ばすストレンジも面白かった。
(なんか社長とキャラかぶってる気もしたけど…)
ただ、悪くないけど人にオススメするほど
すごく良くもないような…

でも万華鏡のような世界観は一見の価値あり、
劇場に行かれる方にはIMAX 3Dをお勧めします。
視界いっぱいに広がるくらいのやや前方の席で、
多元宇宙を楽しんできてください。


b0314286_10460497.png

好評発売中です。







『ドクター・ストレンジ』公開!!
今度のマーベルヒーローは、社長でも
科学者でも、神でもなく、お医者さん!
しかも、魔術を使えるお医者さん!!
見たい!見たすぎる!!
IMAX3Dで!
IMAX3Dで見たすぎる!でも、
最近引越しして只今絶賛荷解き中!!
公開当日に見たいなんて、
そんなこと言えるような空気じゃないゾ!!



と、いうワケで
今年もアメコミ映画盛りだくさん!
マーベルコミックス系は
「ドクター・ストレンジ」に始まり、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.2」
に、おかえりスパイディ!って事で
「スパイダーマンホームカミング」。
シビルウォーを欠席してたソーとハルクの
「ソー・ラグナロク」。
あと、ヒュー・ジャックマンの
ウルヴァリンはこれで見納め、
「ローガン」!!

DCコミックス系は、
美人すぎるスーパーヒロイン
「ワンダーウーマン」に
絶対失敗できない
「ジャスティスリーグpart1」!!

もう、アメコミ映画あんま見ないって人には
去年に引き続きわけわからんわ!!
ってことなってるので、
去年そこそこ好評だった
アメコミ映画界大人の事情一覧表↓
あれを更新してみました。
b0314286_18393959.jpg
なんかデータがいい感じに圧縮できなかったんで、
かなり見づらくなっております。
Twitterの方が多少見やすいかも…↓



個人的には
何度も期待して裏切られたDCに期待!
チキショー!
予告だけは
毎度毎度
面白そうだ!!



ジャスティスリーグ!
楽しみに!
楽しみにしてる
からああああ!!






b0314286_10460497.png
→ウラケン自作LINEスタンプ好評発売中!


今夜は『STAND BY ME ドラえもん』。
ドラえもんによく出てくる未来の描写は
子供の頃から大好きだった。
バック・トゥ・ザ・フューチャー然り、
ドラえもん然り、未来では車は
宙を浮き空を飛んでいた。
僕が大人になったら
そうなるもんだと思い描いていた。
実際は2017年の今でも、
車はタイヤを履いて走ってる。

でも、この映画の中では
車も原チャリも何だって宙に浮き、
透明なパイプの中を行き来している。
のび太が子供の頃地べたを走っていた車が、
大人になったら飛んでるのである。
タイヤ屋さんが心配だ。
未来に行った時にドラえもんが
「14年後のここら辺は
公園になってるみたいだね。」
とか言ってたので、
たかだか14年やそこらで
この街はここまで様変わりしたのだ。

すごい。
すごすぎる。

これはもう、
産業革命、
IT革命に次ぐ
何かしらの急激な
技術革新が
起こったとしか
考えられない。
b0314286_21595901.jpg

しかも、
急激に。

のび太の家は公園に
しずかちゃんちは
何かやたらリッチな感じの
タワーマンション風に…
たかだか14年なのに
もはや、昔の街の面影すらない
都市景観が完全に一新されている。
何だ?天変地異でも起こって全てが
更地になったのか?
宇宙人でも来たのか?
財源は…財源はどうなっとるんだ…
技術革新による好景気で
ウハウハなのか?
市長がすごいのか?
というか、もう文明レベルが
別の時代と言ってもいい。

もしかしたら、
タイムスリップしてきた
ドラえもんの道具がどっかで
ジョブス的な人に拾われて…
色んなとこに応用され…とか?
b0314286_18111192.jpg
4コマレビュー漫画→「ネタバレにならないモンスターズインク
ハマるニュースアプリ Spotlight で取り上げていただきました
「ネタバレにならない映画」シリーズが面白い
b0314286_15283326.jpg
b0314286_10460497.png
言いづらいことも
不思議と言えちゃう
おネエなブタちゃんの
好評発売中です。






三週連続冬もジブリ
「風の谷のナウシカ」
「千と千尋の神隠し」
と来て、トリを飾るのは

「耳をすませば」

子供の頃気づかなかったことに、
気づくようになる。それが、
大人になるってことかもしれない…

子供の頃は中学生のお姉さん、お兄さんの
素敵な恋愛アニメ映画だと思っていたのが、
実はお兄さんの方は結構ヤバい人だったのかも
しれない…

b0314286_14235887.jpg
公開時のキャッチコピーはたしか、

「好きな人が、
できました。」

これはてっきり雫の気持ちだと思ってたけど、
よくよく考えると
聖司くんの方が先だったのだ。

そして、彼はまんまとやってのけた。
見事雫のハートは聖司くんのもの。

先に本いっぱい借りちゃう作戦大成功。

若干ストーカーじみてるけど、
雫もなんか幸せそうだし、
結果オーライということで…
一度、聖司くん目線の
「耳をすませば」を見てみたい。

そこの
片想いしてる少年少女!
先ずは行動だ!
とりあえず行動だ!

結果は向こうからは歩いてこない!
それが多少
ストーカーじみていても
好きになって
もらえば結果オーライ!
ただし、

先に
いっぱい
借りた

とか

隣に
座った
ことがある

とかは

口が裂けても言わないことだ!!
墓場まで持っていけ!!

全然関係ないけど、
「耳をすませば」の監督は
宮崎駿監督ではなく
(↑メチャクチャ口出ししたらしいけど)
近藤喜文監督です。





b0314286_13142610.jpg
b0314286_23480982.jpg
LINEスタンプ
汎用人型業界適応生命体メタモるん まーく2
↑おかげさまですこぶる売れてます。


「アイアンマン」がヒットした
監督で役者なジョン・ファブロー。
でも、そのあと「アイアンマン2」と
「カウボーイ&エイリアン」でボロカスに
叩かれたジョン・ファブロー。

「もうプロデューサーの言いなりは嫌だ!」



って気持ちをそのままブチ込んだって触れ込みの
この映画。正直最初は別に見ないでも良いかと思ってたけど…
b0314286_22331977.jpg
3コマ目以降はコチラ↓
ゴメンねジョン・ファブロー!!!
面白かったよ!!
超ハッピーになれる映画だったよ!
あんた凄いよ!!俺ぁもう腹ペコだよ!!
いい話、美味い飯、セクシーな女優(2人)、

最高か!!

これからも、プロデューサーとか
ヤイヤイ言ってくるかもしれないけど、
作りたいもの作って!!
あと、ジャングル ブックまだ見てなくてごめんなさい!

この映画、Netflixで視聴可能です。
ネトフリユーザーは今すぐチェーック!




b0314286_23480982.jpg

b0314286_13142610.jpg

↑ウラケン自作
LINEスタンプ 各種
なんやかんや売れてます。



今夜の金曜ロードSHOWは、
三週連続、冬もジブリってことで
(↑夏も三週連続でジブリやってた)
『風の谷のナウシカ。』

子供の頃、母親に
「風の谷のナウシカ」
っていうのが面白いらしいよ。
と言われ、
「…鹿?なう…鹿?
 何それどんな鹿?面白いの?」となり、
実際見てみたら、鹿は一頭も姿を見せず、
どデカいダンゴムシがワラワラ出てきて
ギョッとしたあのナウシカです。

ナウシカといえば、忘れちゃならない巨神兵。
真夏のソフトクリームのごとく
トロトロダラダラに溶け出す巨神兵、
子供心に思った。

「こんな溶け方したら
 すぐ無くなっちゃう!」
b0314286_21550423.jpg



失敗だそうです。
描いた本人も
溶けるの早過ぎだと
思ってました。

「あれから宮さんの
言うことは聞かなくなりました。」
by 庵野秀明

映画のナウシカは序章も序章!
漫画(全7巻)の2巻の途中まで!
しかも内容がかなり違う!
良い子のみんなはマンガを全巻読もう!
お金がなくても大丈夫!
探せば図書館に置いてたりもするぞ!
置いてなかったら図書館の人にせがもう!
取り寄せてくれたりするぞ!

あと、三鷹の森ジブリ美術館の屋上に立ってるのは
巨神兵じゃない!ラピュタのロボット兵だ!
そこんとこヨロシク!!
b0314286_08342817.jpg


ちなみに今日は13日の金曜日、
ジェイソンに会いたい人はNetflixで
『13日の金曜日』が視聴できます。
(↑2009年のリメイク版)







b0314286_10460497.png
ウラケン自作
LINEスタンプ各種
なんやかんや↑売れてます。



『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』





『スター・ウォーズ』。
知らない人はいないと言っても過言ではないけど、
実は世代によってはちゃんと見たことない人も
案外多いんじゃないかって気がしないでもないような、
ていうかするようなこの大ヒットシリーズ。
(100%憶測で言ってるので
熱狂的ファンの方々は聞き流してください。)

だって、第1作の公開が1977年。
約40年前!ガンダムより昔!
今年還暦を迎えるうちの親父が成人成り立て!

旧三部作(4、5、6)の後に作られた
新三部作(1、2、3)でさえ1999年公開!
30代の僕がまだ高校生!地元でペプシのおまけの
ボトルキャップの集めまくってた頃だもの!

で、満を持して公開されたエピソード7が去年。
全作通して見た印象はぶっちゃけ、戦争っていうか
宇宙が舞台ってだけで他人んちのこじれた家庭問題
ずっと見せられてるって気が…
(熱狂的ファンの方々は石を投げないようにお願いします。)

で、この『ローグ・ワン』
旧三部作(4、5、6)と
新三部作(1、2、3)をつなぐ作品。
というか4の直前のお話という触れ込み、

監督は『GODZILLA』のギャレス・エドワーズ。
(中身は『ムートー対ゴジラ サンフランシスコ大決戦』だった)
でも、映画好きとしてはスター・ウォーズは一応
チェックしとかないと…くらいのつもりで見に行ったら、

あれ?!
コレ凄くない??!
何この今すぐエピソード4
もう一回見たくなる衝動!
b0314286_22175123.jpg

宇宙親子ゲンカじゃなかった!
ちゃんと兵士がウォーズしてた!
なんか大人がワイワイ騒いでんなーって
思ってるそこの
中学生、
高校生、
大学生!

スター・ウォーズに
ちょっとでも興味を持ってたら

ここが
入口だ!

こっから入ったら、映画館出る頃には
君は帰り道のTSUTAYAでエピソード4を
借りたくなってる!

信じるか
信じないかは
あなた次第です!!

b0314286_18510620.png
b0314286_23480982.jpg
↑ウラケン自作
LINEスタンプ 各種
なんやかんや売れてます。