ネタバレにならない『メッセージ』

アカデミー賞作品賞ノミネート
『メッセージ』(原題:ARRIVAL)。
まずは、こちらの予告をご覧ください。



今ちょっとでも「あ、見たいかも…」って思ったそこのアナタ!その感覚信じて!なる早で映画館へGOして!これ以上何も検索しないでください!ツイッターもチラシもCMも映画レビューサイトの投稿も何も見ずに映画館へ行かれることをオススメします!

どこで地雷踏むかわかりません!!
この映画、ネタバレ因子含みまくりです!

b0314286_14195466.jpg


↑他にも四コマ映画が色々読めます。

ポスター公開直後から「柿の種」だ「ばかうけ」だとネタにされ始めたこの宇宙船。しかも、当のヴェルヌーブ監督が「うん、そうだよ。ばかうけに影響を受けた。(←勿論ジョーク)」とのっかってしまったことで更に大盛り上がり。

遂には本当にコラボしてしまうというフットワークの軽さ。

『デッドプール』然り、『メッセージ』然り、今後日本における映画のプロモーションはSNS上でネタなること前提にした方が良いんじゃないかと思いたくもなるこの流れ。(しかしながら、狙ってやってるのが見え見えだと逆に寒くなるというジレンマ。)

映画自体は本当に面白く『ズートピア』みたく、世界中の人が見たら世の中ちょっとマシになるんじゃないかと思わせる映画で、『メッセージ』という邦題どおりメッセージ性強いです。一回見たらもう一回見たくなる系の映画でもあります。そして原題の『ARRIVAL』が表すように物語のラストで観客と主人公は確かに『到達』するのです。

アカデミー賞ノミネートされたから注目されたけど、ド派手なドンパチ物じゃなくファーストコンタクト物だからぶっちゃけ地味っちゃ地味でメジャーというより単館系の映画だと思うんですよ。でもそういう映画を作るためにお金を出してくれた出資者の皆さん本当に素晴らしい。マジ感謝です。こういう作品を邦画で見たい。

宇宙人との対話を試みる言語学者は何かと地球外の人に好かれがちな女優エイミー・アダムス。そして、てっきり軍の人だろうと思ったらまさかの理論物理学者というジェレミー・レナー。

中国語堪能な友達がいる人は一緒に見に行ったら更に楽しめます。まず間違いなくエンドロール後に質問大会になります。ただ、うかうかしてたら公開館すげー減っちゃいそうな気もするのでお早めの鑑賞をオススメします!


b0314286_13142610.jpg
ウラケン↑自作
LINEスタンプ
なんやかんや売れてます。