ネタバレにならない『大統領の執事の涙』

今年もアカデミー賞授賞式が
近づいてまいりました。
去年の作品賞と脚本賞は
『スポットライト 世紀のスクープ』
微妙な日本語のサブタイトルはともかく
これすごい良かった。
めちゃくちゃ良かった。
ものすごい良かった。

そんな中、興行的にもヒットして
批評家の支持率も高かったのに、
何故かアカデミー賞に
ノミネートもしなかったこの作品をご紹介。
b0314286_21160894.jpg
b0314286_21160521.jpg


なんか気にはなるけど、
他にも見たいのあるし、
すぐ見ないでも良いかなぁと思いながら
3年経っちゃったけどすごい良かった!

戦争、紛争、対立、虐殺、
もっと身近なところで言えば
「いじめ」というヌルい言葉で
言い換えられた犯罪まで、
権利の剥奪、不公平な要求、理不尽な暴力、
世の中にはびこるあらゆる差別や偏見。
それら全ての元凶は、
相手のことを舐めてることに
あるんじゃないだろうか。
目の前にいる相手に敬意を払うことから
世界は変わるんじゃないだろうか。
逆に言えば、敬意を払わない人間が
世界を暗くしてるんじゃないだろうか。
世界中の生き物が
ハッピーに生きられる日は、
リスペクトの先にあるんじゃないだろうか。

b0314286_15283326.jpg
言いづらいことも
不思議と言えちゃう
おネエなブタちゃんの
好評発売中です。

「大統領の執事の涙」は
ネットフリックスでも視聴できます。