ネタバレにならない『ドクター・ストレンジ』

マーベルコミックの映画の世界、
高慢、且つ有能な男は一回落ちて
その後這い上がりヒーローとなるのが
お約束になっている世界、
そう、それが、
MCU!!
(マーベルシネマティックユニバース)

今回はお医者さんが落ちちゃった!



b0314286_00593157.jpg
四コマ版↓

なんやかんやあって、原作ではチベットに行く筈が
ネパールに修行しに行くことになるストレンジ。
そして、チベット人のおじいちゃんだった筈が、
ケルト人女性が演じることで物議をかもした
エンシェント・ワン。原作知らないけど、というか、
原作を知らないからかそれはそれで楽しめたとして…

この修行場で修行してんの白人多くない???
悪の手先的な奴らもほぼ白人とラテン系??
ちょっと黒人も混ざってるけど、
わかりやすくアジアンなのは1人だけ。何この寺!
その他大勢にアングロサクソン系多すぎ。
エキストラ位もっとアジア系増やしても良くない?
違和感すごいのよ!例えるなら、
高野山の坊さん全員白人って位違和感あんのよ!
そら、各方面から叩かれるわ!

とまぁ、ハリウッドの人種差別問題に関しては
この辺にしておくとして、
見せ場的な山場の持って行き方が全体的に
サラサラぁ〜〜っとしてるような気もしましたが、
トータルとしてはそれなりに楽しめました。
やたらジョークを飛ばすストレンジも面白かった。
(なんか社長とキャラかぶってる気もしたけど…)
ただ、悪くないけど人にオススメするほど
すごく良くもないような…

でも万華鏡のような世界観は一見の価値あり、
劇場に行かれる方にはIMAX 3Dをお勧めします。
視界いっぱいに広がるくらいのやや前方の席で、
多元宇宙を楽しんできてください。


b0314286_10460497.png

好評発売中です。