ニモをさがして三千里 MAP

『ファインディング ニモ』
言わずとしれたピクサーの大ヒット作、
今度はニモの親父の相棒ドリーが主役で続編が公開。




ということで今夜の金曜プレミアムは
『ファインディングニモ』。

むかし、「母をたずねて三千里」っつー
アニメがありましたが




その真逆をいくこの映画。
オーストラリアのグレートバリアリーフに住んでた小魚 カクレクマノミがダイバーにさらわれた息子を探してシドニーまで行くっつー話。独り身のときはこのストーリーに「ふ〜ん」くらいの感想しかなかったのが、
娘ができた今、

「目の前で子供さらわれたら
 地の果てどころか、
宇宙の果てまでおっかけるわ!」

てなもんです。ん、いやちょっと待て、
じゃあこのニモの親父のマーリン
どんだけの距離を移動したんだ?
ってことでMAPにしてみました。
題して、「ニモをさがして三千里 MAP」!!
(三千里ってのはただの勢いなので
ツッコマないでください)
b0314286_12214214.jpg
えー、ハンパじゃありません。
カクレクマノミの体長は
8cmほどらしいのですが、
日本列島をかるく縦断する勢いで
オーストラリアの海を南下しております。

ちなみに、カクレクマノミは
生まれた時はみんなオスで、
成長するにつれ、
群れの中で一番大きいのが
メスに性転換するという
システムを採用しているそうです。
これが人間だったら結構な衝撃です。
男子だらけのクラスで一番ガタイよかった奴が、
ある日突然サイズはそのまま
女子になるようなもんです。
b0314286_17045301.jpg
そんで、2番目に大きい個体がオスとなり
カップルになると…つまり、マーリンは
ああ見えて群でナンバー2の体格だったわけです。
てことは、ニモのママも元はオス…

補足:(ブログUP後に分かったこと↓)
幼魚の時は性別が決まっておらず、
群れの中で一番大きくなった個体がメス、
2番目に大きくなった個体がオスとなる。
他の個体も成長するにつれて性別が分かれるが
ほとんどオスになる。
他の個体は未成熟個体として繁殖にはかかわらない。
万が一、メス個体が死んでしまった場合は
次に体が大きかったオスがメスへと性転換し、
そのまた次に体が大きかった個体が
新メスとペアを組む…らしいです。

それにしても、ニモを助けたドリーとマーリン。
助けたあとはシーンが変わって、
何事もなくグレートバリアリーフに戻ってたけど、
どうやってあの海を北上したんだろう…
帰り道はEACも逆流のはずだから…あれ?

とまぁ、ここまで
カクレクマノミカクレクマノミと
連呼しておりましたが、
ブログをここまで書いたところで
イラスト描くためにググってたら
まさに目からウロコの新事実…
b0314286_18195275.jpg
ニモ、カクレクマノミじゃなかったあああ!!!
なんじゃそりゃあああああ!!!!
今までずっとカクレクマノミだと思ってたのに、
カクレクマノミ、
オーストラリアにいないんだって!
うそぉおおおおおおんんん!!!

なんか、むかーしの公式さんも
カクレクマノミって言ってたらしい。
そらそうだよ。そうじゃなかったら
こんな魚の名前おぼえてないよ。
まぁソックリだからしょうがないのかなぁ…
てか、吹き替えで本人達が
「カクレクマノミ」言うとるじゃないか!
b0314286_18111192.jpg
4コマレビュー漫画→「ネタバレにならないモンスターズインク
ハマるニュースアプリ Spotlight で取り上げていただきました
「ネタバレにならない映画」シリーズが面白い
b0314286_10460497.png
→ウラケン自作LINEスタンプ好評発売中!