Webマガジン『FILMAGA』。土曜更新の記事は
ゴールデンウィークを目前に控えてということで、

「GW!チビッ子と見たい、見せたい
 ご自宅洋画劇場!
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
  洋画の入口として最強説!! 」
b0314286_09095266.jpg
です。


と、言うわけで最後までTwitterとインスタに
#ご自宅洋画劇場 ってタグを作りましたので、
チビっ子にこれ見て欲しい!っていう
懐かしの名作映画(なるべくアニメ以外)を
ガンガンツイートしていただけないでしょうか?
よろしくお願いします!

b0314286_19485717.jpg
いやぁFILMAGAって本当に素晴らしいものですね。
それでは次回をご期待ください。

サヨナラ、
サヨナラ、
サヨナラ!


b0314286_10460497.png
b0314286_13142610.jpg
ウラケン↑自作
LINEスタンプ
なんやかんや売れてます。



作品賞は…「LA・LA・LAND!!」と発表されて、関係者が登壇した直後、誤発表!作品賞は『ムーンライト』だよ!という前代未聞のアクシデントで普通に受賞するより、かなり注目度が高まり日本公開もグンと早まったこの作品。




b0314286_21363827.jpg

↓3コマ目以降はこちら


いつもレビューマンガの下に
オススメ星を添えているのですが、あの星は

☆☆☆☆☆…メチャクチャ良いから映画館で見て!
☆☆☆☆ …自分としては楽しめた
☆☆☆  …好きな人は好きかも
☆☆   …どうしてこうなった?
☆    …お金と時間を返して下さい。

という内訳なのですが、この作品に関してはどう星をつけたら良いかよくわかりません。絶賛してる人もいますし、僕も友達に聞かれたら「見た方がいいよ。」と言います。しかし、楽しめるかどうかはその人次第です。例えるなら野菜です。春菊とかパクチーかもしれません。体に良いから食べた方が良いけど、嫌いかもしれないよって感じです。

僕はエンタメ(肉)大好き人間なので、たまには野菜も食べないと(アカデミー賞だし)的な気持ちで見ました。実際それはとても上質な野菜でした。野菜大好きな方的には星5だと思います。

この作品はストーリーを楽しむ映画ではなく、作品そのものを感じる映画です。なので、今回はオススメ星は「あなた次第」ということにしました。静かで美しくしっとりとした映像と時間を映画館で感じるかどうかは、あなた次第です。


b0314286_13142610.jpg

ウラケン↑自作
LINEスタンプ
なんやかんや売れてます。





親子が一緒に映画を見たくなる時間。

ゴールデン洋画劇場が消え、日曜洋画劇場も逝き、残った金曜ロードショーもジブリ、コナン、ディズニー、ルパン、細田守作品と2週、3週続けてアニメ祭り。NetflixやFuluなど動画配信サービス旋風が吹き荒れる中、TVで子供が実写映画と触れ合う機会は年追うごとに少なくなっている。そんな中、視聴率低迷をささやかれるあの局が「親子が一緒に映画を見たくなる時間」というテーマのもと、一見時代に逆流しているかとも思われる一手を打ち出してきた。それが、

『ゴールデン・シネマ・パラダイス』だ。

b0314286_09384132.jpg

当面の放送予定ラインナップには「E.T.」「インディー・ジョーンズ」「スタンド・バイ・ミー」等、親世代が「この映画、すっごい良いから今夜は一緒に見よ!」と、子供を誘える80年代〜90年代の懐かしの名作映画が並んでいる。初回放送作品は3週連続「バック・トゥ・ザ・フューチャー」祭り。しかも吹替はマーティー:三ツ矢雄二、ドク:穂積隆信というファンにはたまらない内容となっている。
b0314286_08313094.jpg

実写映画を見に行く若い世代が減少している昨今、新たな映画好き世代を生み出す枠の復活に期待したい。

尚、本日は4月1日である。


b0314286_13142610.jpg
b0314286_17003313.jpg

ウラケン↑自作
LINEスタンプ
なんやかんや売れてます。





『キングコング髑髏島の巨神』!!
レジェンダリー・ピクチャーズが
『GODZILLA ゴジラ』に続いて
ブッ放してくれた怪獣映画第2弾!!


もう、全編クライマックス!!
この手の怪獣映画って怪獣出てくるまで
かなり焦らすのが常だけど、これが全然焦らさない!
出し惜しみはしねぇ、前戯は無しだとばかりに

最初から
ドーン!!

と、始まり
その勢いがラストまで続いちゃう!!

ドーン!バーン!
ドコドコドーン!!
怪獣がバカスカで出て、
人間(主にサミュエル・L・ジャクソン)も
混じってドカドカ暴れ回る!!

超胸熱の怪獣格闘
ジェットコースター
ムービー!!!!

えぇ〜…でも、ゴジラはよく知ってるし、
この前の『GODZILLA ゴジラ』も好きだったけど、
キングコングってそんな馴染みないし、ポスターも
予告もすごそうだけど、あんま見る気しないなぁ…
って、思ってるそこのアナタ!
そんな人にこそ見て欲しい!!

そして、このド迫力は映画館の大画面じゃないと体験できない!冒頭からラストまで全てが見せ場!そんで、こっからが大事!メチャクチャ大事!!本編終わったらすぐ席立っちゃう派のそこのアナタ!

エンドール終わるまで、
絶対席を立たないで!

本編の感動を超える衝撃の興奮が、
エンドロールのその先で
アナタを待っている!!

b0314286_16474882.jpg
去年の10月に流れて、一部の映画ファンをウズウズソワソワさせているビッグニュース。『ゴジラvsコング(原題)/Godzilla vs. Kong』2020年全米公開。つまり、髑髏島のキングコングはあのゴジラ(イチャつく新婚カップル怪獣ムートーに、出番が少ないゴジラさんがプッツンして嫁さんの口に放射能ゲロンパした方)と、世界観を共有している!髑髏島の先に壮大なレジェンダリー・怪獣ユニバースが広がっているわけです。バカでかいモンスターウェーブが世界中を飲み込む日はそこまで来ている!乗っちゃいましょう!この波、みんなで乗っちゃいましょうよ!
正直、レジェゴジそんな好きじゃなかったけど、今は見返したくてしょうがない!!

b0314286_14250347.jpg
↑FIMAGAでイラスト記事を書くことになりました。第一回目は「キングコング身長早見表」。映画館でドッタンバッタン大騒ぎ中のコングちゃんを、お台場で解体中のガンダムさんと並べてみました。ていうか、例のあのフレンズとも一緒に並べてみたいけど体格差マジえげつないです。どう帳尻合わすんでしょうか。



b0314286_23480982.jpg
↑ウラケン自作
LINEスタンプ 各種
なんやかんや売れてます。



最近、言葉を操り始めた娘氏。

b0314286_20585241.jpg
b0314286_17410490.jpg
b0314286_17411087.jpg

既に父方のばあさんから受け継いだお喋りの片鱗が…
娘氏の日々の変化はほぼ日手帳にはメモ書きする程度で、まとめは別にかくことにしたのでこれ以上「ほぼ日」という言葉を使っていくのは無理があると思い。全然「ほぼ日」じゃないこともあり、今後は「ウラケンざっくり父子手帳」とすることにしました。

残業残業で
なかなか早く帰れない
パパにオススメな
b0314286_14570406.jpg
↑売り上げはもれなく
うちの娘のオムツ代になります。