ジャスティスリーグ

11/23(木)遂に公開!!



ということで、
アベンジャーズに、X-MEN、ますます
アメコミヒーローだらけになってきた映画界。
映画は好きだけど、アメコミヒーロー多すぎて
わけわかめって人もますます増えるているのでは
と思いまして、去年作った
アメコミ映画界大人事情一覧表をちょっと更新しました。
b0314286_19234128.jpg
スミマセン。
ブログだとデータのサイズ的に
コレがギリギリでした。
twitterの方が鮮明です↓

おいおい、
フラッシュやアクアマンの顔がないじゃないか!
って人もいるかと思いますが、彼ら単体の映画が
公開待ちになってポスターが発表されたらまた更新します。

あと、興味はあるけどアメコミ映画多過ぎて
どれから手をつけたら良いのかわからないって
人のために系統別公開順に並べて
オススメなのを選んでまとめてみました。

え?多い?長い?

僕たちには
クリスマスと
年末年始が
あるじゃないか!

この冬は、ご家族ご友人お誘い合わせの上、
こたつでミカンでも剥きながら
アメコミ映画祭りなんていかがですかね??


ガッツリ説明してる過去のものがコチラ↓




b0314286_13142610.jpg
b0314286_10460497.png
↑ウラケン自作
LINEスタンプ各種
なんやかんや売れてます。



すでに日本公開3週目に入っておりますが、
今回の四コマ映画のご紹介は、

バトルロイヤル??!
何じゃその邦題は!!

と、GotG2の時と同様物議を醸し、
すでにもう世界中で大ヒットしているこの映画。




『マイティ・ソー:
 バトルロイヤル』

原題は 、
『 THOR:RAGNAROK 』

ラグナロク、北欧神話の神々の最終戦争的な意味で
劇中何度も

ラグナロク!
ラグナロク!

連呼されますが邦題は

バトルロイヤル… まぁ

バトルロイヤル要素は前半にちょっとあったような…
今後原題そのままの
MCU作品を日本で
拝むことは
できないのでしょうか。

いやーしかし面白かったですねー
初見の人でも話に入っていけるよう説明が
冒頭、モノローグ的に始まったので
説明くさいのもどうなのかな?って思ってたら
「あぁ、それならアリ!納得!」
って処理の仕方でウマいなぁ〜と、
そんな簡単な説明で観客を導入しつつ一気に
笑いとバトルでハート鷲掴みにして
作品の世界に引きづり込む流れ、
お見事です!ワイティティ監督!!

過去作見たことない人も
普通にかなり楽しめること請け合いです。

ソーの前2作と『アベンジャーズ』、
アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン』を
見てから行くと小ネタの発見があってもっと楽しめます。


b0314286_01051213.jpg

【注意】
三コマ目に
微ネタバレ有
(未見の方はご覧になってからの方がよろしいかと)

ソーもハルクも良かったですが、
やっぱロキ。ロキの魅力が凝縮してましたね。

あと関係ないけど
虹の橋って丈夫!
すごい頑丈!

ん?でも今思い返すと、神々の最終戦争というか
神々の家庭問題だったような?ていうか、
ソーの話って大体家庭問題だったような?

ラグナロク見てハマってしまった方はこちらもオススメ↓
b0314286_13304210.jpg
タイカ・ワイティティ監督の過去作
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
(原題: “What We Do in the Shadows”)
邦題なのですが読んで字のごとく、
ヴァンパイアがシェアハウスしてるのを、
ドキュメンタリー形式で撮影した映画
これまた凄く笑えます。
役者もやってる監督自身が主演してます。
笑えるし短いのでオススメです。


b0314286_10460497.png
b0314286_13142610.jpg
ウラケン↑自作
LINEスタンプ
なんやかんや売れてます。







1982年公開。それ以降全てのSFを塗り替え、
今見ているSFの元ネタは
全部コレと言われる伝説のSF映画

ブレードランナー
その30年越しの続編…

『ブレードランナー 2049』
遂に公開。



早速公開日のレイトショーで見てきました。
何を話してもネタバレになりますが、
これだけは言えます。もし、

前作見てないけど、
2049は気になる。
そんなあなた、
絶対に前作見てから
映画館行った方が良いです。


面白かったです。
ストーリー的にもそうなんですが、
気持ちの連続性のようなものがあって、
映画館行く前に予習していくと
30年越しのタイムカプセルを開けたような
気分になります。
(タイムカプセル開けたことないですが)

【↓前作と2049をつなぐ3本の超短編も必見です】
本編で語られてないストーリーが補完されてます。
すごく短いのでお気軽に見れます。





映画雑誌とかで『ブレードランナー』って
単語を見かけると、大体の場合それは
「SF映画の金字塔」って言葉とセット。
そう、映画ファンにとっては最早

見ていて当然!
見ていないわけがない!
映画の教科書があったら
間違いなく載る!

そんなレベルの作品なのですが…

あんまり
覚えてません
でした。


b0314286_14281402.jpg

3コマ目以降は
四コマ映画さんで↓
【※がっつりネタバレ有】



公開されたのは1982年。僕が生まれる1年前…
同じリドリー・スコット監督でも、
それより古い『エイリアン』は
めちゃくちゃ記憶に残ってるんですけど…なぜでしょう。
僕の映画の記憶は金土日の夜、地上波で放送されてた
映画番組によるものが大半なのですが、

ブレードランナー
って、そんなに放送してなかったような…
(勘違いだったらスミマセン)

そんなに有名なら一度は見ないと!と、
今や懐かしのVHSをレンタルして見たのが
確か中学か高校の頃だったような…
しかし、記憶に残っているのは
暗い画作りと、ジトジト降り続く雨と、
ユニコーンのスロモーション…
ストーリーが思い出せない!
そうです。僕、ビギナーもビギナー、

ブレード
ランナー
ビギナー なんです。

新作公開されるのに、これではいけないと
ブレードランナー
(ファイナルカット版)を見返しました。
↑ディレクターズカット版とか色々あることも
知りませんでした。


いやー、それにしてもCGがメインじゃなかった時代に
これだけの世界観を作ってしまうリドリー・スコット監督。

すさまじいです。
関わったものはみんな映画作りが嫌いになったほど
製作現場が混乱していた(誰もリドリーが
やりたいことがよく分かってなかった)そうですが、
さもありなん!

ネタバレになるので言えなかった感想↓



【リドリー・スコット監督作品↓】

【2049のドゥニ・ヴェルヌーヴ監督作品↓】
ちなみにネトフリで見られる新、旧監督作品はコチラ↓
ネトフリさん!エイリアン!エイリアンを入れてー!
b0314286_12101552.jpg
b0314286_12102065.jpg

イラストと四コマ漫画のお仕事しました。
トム・クルーズ最新作、10/21(土)公開!

バリー・シール/
 アメリカをはめた男



予告見ました?
どうです?
面白そうですよね?

ちなみにこのタイトルは邦題で
原題は
AMERICAN MADEです。
アメリカ製ってことですかね?
b0314286_19490013.jpg

このアメリカ製って言葉には
作り手側のものスゲー皮肉が込められてると思うんですが、
それはFILMAGAさんに書いた記事を読んでいただくとして
(今回初めて公式さんの記事を担当してます。)

いやー!黒い!
それにしても黒い!
黒いぜCIA!!
真っ黒だぜ!!
ハメたっていうか、
ハメられたんじゃないか?!

と、サブタイに違和感を覚えつつも

バリー・シールって
邦題はすごい良い!
超ハマってる!
トム!バリーなトムが良い!!

というのが夫婦揃っての感想です。
日曜日の選挙がてら外出する際に
映画館に行ってみてはいかがでしょうか?!






古い映画だからちゃんと見たことはないけれど、
ストーリーはだいたい聞いたことあって、
何故かオチまで知っている。そう、

猿の惑星

第1作の公開は1968年。…えーと、49年前て!
今年還暦のうちの親父が11歳の頃の映画!!
半世紀近く前の映画なんて、よっぽどの
映画好きでもなければ、ちゃんと見る機会も
ないんじゃないかと…

そして、先週からリブートの第三作
猿の惑星 聖戦記が公開中。
ちゃんと見る機会というのは今ではないかと…
ということで中学か、高校の頃VHSをレンタルして見た
第一作をもう一度見てみることに。
(Amazonビデオって便利。)

b0314286_15511205.jpg
3コマ目以降は
四コマ映画さんで↓

すごい!
オチまで
知ってるのに
面白かった!

しかもずっと昔に一度見たことあるのに!
吹替で見たけどすごい良かった!
むしろ吹替がすごく良い!




え、『続・猿の惑星』??!続きあんの?!
み、見る!と、見事にハマり

【オリジナルシリーズ】
『猿の惑星』
『続・猿の惑星』
『新・猿の惑星』
『猿の惑星・征服』
『最後の猿の惑星』

【リブートシリーズ】
『創世記』
『新世紀』
『聖戦記』

猿の惑星マラソン完走!

前シリーズを見返して、リブートのシーザーが
『創世記』で初めて発したあの言葉の重みが
ようやくわかった。それどころか、
リブートシリーズにはオリジナルシリーズへの
オマージュがそこかしこに。
あ!これは『猿の惑星・征服』のあのシーンだ!とか、
む!これは『続・猿の惑星』のあれだ!とか、
色々と発見があってめちゃくちゃ面白い。
スタッフのみなさんの前シリーズへのリスペクト
まじパないっす。



興味を持たれた方は是非ご覧下さい!
そして、リブートシリーズの完結編を
スクリーンで体感して下さい!










b0314286_23480982.jpg
b0314286_15283326.jpg

b0314286_13142610.jpg
↑ウラケン自作
LINEスタンプ 各種
なんやかんや売れてます。